全ての記事

...(全てのタグを表示)
  • |ブログ|5 min read
    #2022年#scrapbox

    Scrapbox の社内導入

    これは、Scrapbox Advent Calendar 2021 - Adventar 22 日目の記事です。 普段 豆蔵デベロッパーサイト では技術情報を中心に紹介しています。 ですが、本記事では技術情報そのものではなく、技術情報をどのように社内で共有・活用しているかについてご紹介します...

    記事を読む
  • Dapr on Jetson Nano with k3s

    庄司です...

    記事を読む
  • |ブログ|2 min read
    #2021年#iot#MQTT

    分散 IoT Hub プラットフォーム

    庄司です。 グローバルに展開する IoT プロダクトの場合、IoT デバイスとの通信のレイテンシーが非常に大きな課題となります。また、それぞれの地域で異なるセキュリティポリシーの課題もあり、可能な限りデバイスに近接したロケーションで処理を行い、中央との通信をフィルターし、通信量の低減も求められます...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|20 min read
    #container#k8s#tutorial

    Kubernetesマニフェスト作成 - Webアプリケーション

    ここまででローカル環境で開発する準備が整いました。 ここからは、実際に動くアプリケーションをローカル環境にデプロイしましょう。 このチュートリアルでは、一般的によくあるであろうシンプルなWebアプリケーションとバッチアプリケーションを例に見ていきます。 題材としてはタスク管理ツールとします...

    記事を読む
  • |ブログ|3 min read
    #2021年#container#docker

    Windows への Docker CLI のインストール

    庄司です。 Docker は背後で Docker デーモンが実行されて、Docker コマンドは Unix ドメインソケット (Linux や macOS の場合) または tcp ソケットで Docker デーモンと通信します...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|12 min read
    #container#k8s#tutorial#AWS

    ローカル開発環境準備 - ローカルAWS(LocalStack)

    これまでローカルでKubernetesを実行する環境としてminikube、開発からデプロイまでを自動化するツールとしてSkaffoldを導入し、いよいよ開発が始められる準備が整ってきました。 最後にアプリケーションが外部プロダクトに依存する場合を考えてみましょう...

    記事を読む
  • |ブログ|4 min read
    #2021年#認証/認可

    マイクロサービスの Active Directory の活用

    庄司です。 新たなサービスの開発では、誰がサービスを使用できるかを確認するための認証 (Authentication) とサービスのどの機能にアクセスしてよいかを確認するための認可 (Authorization) を考える必要があります...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|11 min read
    #container#k8s#tutorial#minikube

    ローカル開発環境準備 - 実行環境(minikube)

    それではここからはアプリケーションの開発編に入っていきましょう...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|5 min read
    #container#k8s#tutorial

    ローカル開発環境準備 - 自動化ツール(Skaffold)

    前回は、minikubeを使ってローカル環境内でコンテナアプリケーションを実行する環境を整えました...

    記事を読む
  • |ブログ|2 min read
    #2021年#scrapbox

    非公式 Scrapbox アプリを開発している話

    これは、Scrapbox Advent Calendar 2021 - Adventar 15日目の記事です。 2017年の終わり頃から個人で Scrapbox を使い始めました...

    記事を読む
  • |ブログ|2 min read

    「豆蔵デベロッパーサイト」ローンチのお知らせ

    ビジネスソリューション事業部の近藤です。このたび豆蔵デベロッパーサイトを公開の運びとなりました。 このサイトは、豆蔵に所属する開発者が業務内・業務外を問わず注目したり採用したりした技術、使ってみての見解などを開発者の皆さんをターゲットにお届けする場として更新していこうと考えています...

    記事を読む
  • |OSS|2 min read
    #oss#container#CI/CD

    buildpacks-action

    buildpacks-action は GitHub Actions で Cloud Native Buildpacks を使ってコンテナイメージビルドを実行するための Action です...

    記事を読む
  • |OSS|1 min read
    #oss#CI/CD#k8s#container

    concourse-k8s-resource

    concourse-k8s-resource は Concourse CI で、Kubernetes クラスターにコンテナイメージをデプロイするための Concource カスタムリソースです...

    記事を読む
  • |OSS|2 min read
    #oss#CI/CD

    monorepo-update-checker

    monorepo-update-checker は モノレポの変更有無を配下のプロジェクト(リポジトリ)ごとにチェックできる Action です。 モノレポは Git リポジトリ構成戦略で、あらゆるプロジェクトを一つの Git リポジトリで管理する方式です。相対する戦略はマルチレポです...

    記事を読む
  • |OSS|2 min read
    #oss#scrapbox

    sbgraph

    sbgraph は Scrapbox のページ間リンクを可視化するためデータを出力する CLI です。 Scrapbox はページ間のリンクを簡単に作成し、ページ配下にリンク先のページが可視化されていくユニークな情報共有システムです。豆蔵では社員の情報共有ツールとして大いに活用されています...

    記事を読む
  • |OSS|2 min read
    #oss#CI/CD#container#k8s

    setup-helmfile

    setup-helmfile は Github Actionsで Helmfile を利用するための Action です。 Helmfile は、複数の Helm Chart を纏めて Kubernetes クラスタにインストールするツールです...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|12 min read
    #container#k8s#tutorial

    Velero による Kubernetes クラスタのバックアップ・リストア

    Velero は Kubernetes クラスタのオブジェクトをバックアップ・リストアするためのツールです。 Velero 概要ページで Velero の想定しているユースケースを見てみましょう...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|24 min read
    #container#k8s#tutorial#AWS

    ストレージ - AWS EFS

    前回はAWS EBSを使ってコンテナにストレージをマウントすることで、Podの再起動時にもデータを消失することなく継続して利用することができました。 今回はNFSプロトコルを利用する共有ファイルストレージサービスであるAWS EFSを使って複数Pod間でのファイル共有を実現します...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|20 min read
    #container#k8s#tutorial#AWS

    ストレージ - AWS EBS

    これまでAWS EKS上でk8sクラスタ環境の構築を行い、Ingress Controllerを導入することでインターネットからのリクエストを受け付けられるようにしました。 ただ、アプリについては固定レスポンスを返すだけで実践的なものではありませんでした...

    記事を読む
  • |コンテナ - Kubernetesチュートリアル|24 min read
    #container#k8s#tutorial

    Ingress - HTTPS通信(Cert Manager)

    今回は、IngressにTLS証明書をセットアップし、セキュアに外部と通信できるようにしましょう。 ゼロトラストネットワークの考え方が普及し、今や開発・テスト環境でも通信のTLS化が当たり前の時代になりました(もちろん暗号化は通信だけではだめですが)...

    記事を読む

豆蔵では共に高め合う仲間を募集しています!

recruit

具体的な採用情報はこちらからご覧いただけます。