“envoy”タグの記事

  • | ブログ | 6 min read
    #2022年 #envoy #keycloak

    Envoy Proxy による HTTPS Proxy

    「WebAuthn でパスワードの無い世界へ」の記事では、AWS Fargate を使って Keycloak を起動してデモンストレーション環境を構築しました。 記事で説明した環境は、Keycloak のための AWS Fargate 以外に、ロードバランサ (ALB) など時間課金のリソースも含んでいました...

    記事を読む
  • | ブログ | 3 min read
    #2022年 #AWS #envoy

    S3 の静的 Web サイトをセキュアに Envoy でホスティング

    モダンな UI のフレームワークは静的なコンテンツとしてパッケージングされることが主流となっています。これは変化の激しい UI とそれと比較すれば比較的変化のスピードが遅くてよいバックエンドとの関係で理にかなっています。UI のこうした静的なコンテンツの配信では多くの SaaS 製品で CloudFront のような CDN が利用されています...

    記事を読む
  • | ブログ | 5 min read
    #2022年 #AWS #認証/認可 #envoy

    Envoy を使用して ID Token (OIDC) を検証する

    Envoy proxy は API を使って動的に構成すると無停止で設定変更等を行うことができます。このような操作は 通常 Istio や AWS App Mesh のようなコントロールプレーンで行うことになります。 この一連の記事では Envoy proxy 単体の機能を説明するために静的な設定を用いて説明しています...

    記事を読む
  • | ブログ | 8 min read
    #2022年 #AWS #認証/認可 #envoy

    Envoy と Open Policy Agent を使用した認可

    Envoy proxy は API を使って動的に構成すると無停止で設定変更等を行うことができます。このような操作は 通常 Istio や AWS App Mesh のようなコントロールプレーンで行うことになります。 この一連の記事では Envoy proxy 単体の機能を説明するために静的な設定を用いて説明しています...

    記事を読む
  • | ブログ | 4 min read
    #2022年 #AWS #envoy

    S3 の静的 Web サイトを Envoy でホスティング

    S3 に静的なコンテンツを配置して公開する場合、よく見られる構成は CloudFront とを組み合わせるパターンです。ほとんどの場合、これで問題ありません。しかし、一部のパターン、例えばエンタープライズで利用されるフロントエンドの場合には、VPN を通じたアクセスのみを許可している場合があります...

    記事を読む