“2022年”タグの記事

  • | ブログ | 12 min read
    #2022年 #Backstage

    Backstageで開発者ポータルサイトを構築する - カタログ作成

    以前以下のブログでBackstageの紹介と導入に関する記事を書きました。 Backstageで開発者ポータルサイトを構築する - 導入編 今回はこの続きで、Backstageを利用して実際にコンポーネントを登録してみたいと思います。 ここでは、Backstageの以下のコア機能を利用します...

    記事を読む
  • | ブログ | 2 min read
    #2022年 #k8s #container

    Kubernetes v1.24がリリースされました

    2022/05/03 Kubernetesのv1.24がリリースされました。 Kubernetes 1.24: Stargazer 詳細な変更履歴はこちらで確認できます。 以下個人的に大きいと感じた変更点についてまとめてみました。 Dockershim削除# 今回のリリースで一番の目玉はやはりDockershimの削除でしょうね...

    記事を読む
  • | ブログ | 4 min read
    #2022年 #k8s #container

    Mizu(水)でマイクロサービスのトラフィックを分析する

    Kubernetesでおもしろいツールを見つけたので、ご紹介したいと思います。 その名もMizuです。ロゴを見れば分かるように日本語の「水」から名付けられたものです。 https://getmizu.io/ その中身はPod間を流れるトラフィックをキャプチャし、可視化してくれるもので、多数のサービスで構成されるシステムの調査で強さを発揮しそうです...

    記事を読む
  • | ブログ | 10 min read
    #2022年 #Backstage

    Backstageで開発者ポータルサイトを構築する - 導入編

    依存関係にある他チームで開発しているAPIの情報を探すのに社内リソースを探し回った経験はないでしょうか? 小さな組織ではあまりないかもしれませんが、ある程度の組織になると、管理対象のシステムが数百から数千といったオーダーで構成されることが多いかと思います。 その結果、目的のものを探すためにあちこち探し回り、見つかったと思ったらほしい情報がそこにはなく途方に暮れる。。なんて経験が私はよくあります...

    記事を読む
  • | ブログ | 2 min read
    #2022年

    アーキテクチャ・デシジョン・レコードの勧め

    Michael Nygard 氏は「DOCUMENTING ARCHITECTURE DECISIONS」で、特にアジャイル開発では最初の時点でアーキテクチャが決まることはなく、また包括的なドキュメンテーションには価値がなく、小さなピースのドキュメントが全てのステークホルダーに必要であり...

    記事を読む
  • | ブログ | 9 min read
    #2022年 #AWS #サーバーレス #serverless-framework

    Serverless Framework Composeで複数サービスをまとめて管理する

    2022/04/20にServerless Frameworkの新機能Serverless Framework Composeがアナウンスされました...

    記事を読む
  • | ブログ | 2 min read
    #2022年 #DDD

    ドメイン駆動設計のコンテキストマップ

    ドメイン駆動設計の戦略的設計では、システム全体をどのように境界づけられたコンテキストを統合するかを表すコンテキストマップ (Context Map) を描きます。さらに、このコンテキストマップには時間の経過とともに、コンテキストが追加、更新、削除のように修正されていくことも考慮しておく必要があります...

    記事を読む
  • | ブログ | 8 min read
    #2022年 #CI/CD

    話題の CI/CD ツール Dagger を体験してみる

    Dagger は、Docker を開発した人たちによるポータブルな CI/CD ツールです。先月末公開されました。 Introducing Dagger: a new way to create CI/CD pipelines ポータビリティ実現のためコンテナ環境が前提になっています...

    記事を読む
  • | ブログ | 5 min read
    #2022年 #minikube

    Minikube のプロファイルを使いこなす

    Minikube を使ってコンテナアプリを開発してると、目的別にクラスターを切り替えて使いたくなることがあります。 ふだんアプリ開発に使っているクラスターと別のクリーンなクラスターで作業をしたい テストのため、特定のバージョンの kubernetes でクラスターを構成したい Docker 以外のコンテナランタイムを試したい など...

    記事を読む
  • | ブログ | 2 min read
    #2022年 #CI/CD #GitHub

    GitHub Actions ワークフローで個別ジョブのリランが可能に

    先月、GitHub Actions でワークフロー内のジョブを個別にリランできる機能がリリースされました。 GitHub Actions: Re-run only failed or individual jobs | GitHub Changelog 以前の GitHub Actions ワークフローにおけるジョブ制御の記事で作ったサンプルのワークフローを利用して試してみました...

    記事を読む