“2022年”タグの記事

  • | ブログ | 3 min read
    #2022年 #Analytics

    仮説検定はなぜ遠回りするのか

    今回は統計解析の原点に立ち戻って「仮説検定」について私が理解した範囲でご説明したいと思います。 Contents仮説検定とはなぜ帰無仮説を棄却するのかまとめ 仮説検定とは # 統計解析の勉強を始めて一番最初に引っかかる概念に「仮説検定」があります。 私は最初に仮説検定の話を聞いたときに「なんて回りくどい解法なんだろう」と思いました...

    記事を読む
  • | ブログ | 12 min read
    #2022年 #テスト #junit

    JUnit5のExtension実装 - テストライフサイクルコールバックと引数の解決

    JUnit5がリリースされてから5年近く経ちましたが、皆さんはもう乗り換えましたか?私も遅ればせながら1年くらい前から本格的に使い始めましたがJUnit5便利ですよね...

    記事を読む
  • | ブログ | 3 min read
    #2022年 #Analytics

    線形回帰を疑ってかかるこれだけの理由

    今回は「線形回帰」について解説します。 皆さんは「回帰分析」という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。 線形回帰は統計学で言うところの回帰分析の一つです。 説明変数(入力)を使って従属変数(予測値)を予測します。 線形回帰のうち、説明変数が1つの場合を単回帰、2つ以上の場合を重回帰と呼びます...

    記事を読む
  • | ブログ | 3 min read
    #2022年 #Analytics

    相関係数だけで一喜一憂してはいけない理由

    今回は「相関行列」について解説します。 これまでデータの関係性を「平均値の差」や「分散の差」で確認してきました。 今回はデータの関係性を別な方法で確認してみましょう。 Contentsお題:「データ間の関係の強弱を見極めたい」2つのデータに相関はあるか生データでの確認レビューは適切に管理・運営されているかまとめ お題:「データ間の関係の強弱を見極めたい」 # あなたが品質管理者だと仮定します...

    記事を読む
  • | ブログ | 15 min read
    #2022年 #container #vscode

    OpenLibertyとVSCodeによるコンテナを用いた開発環境の構築

    昨今の開発ではコードの修正が即反映されデバックも行えるHot Reloadの仕組みが当たり前になっていますが、これをコンテナを使ったJava開発で行おうとした場合、変更をどのように即座にコンテナ側に反映させるかが少し悩ましかったりします...

    記事を読む
  • | ブログ | 30 min read
    #2022年 #k8s #container #Kafka

    Strimzi - Kubernetes で Kafka を運用するための Operators

    Apache Kafka は高速でスケーラブルな pub/sub 型の分散メッセージングシステムです。Kafka クラスターに配置された Topic に Consumer アプリが Subscribe し、Producer が送信するメッセージを順次処理していきます...

    記事を読む
  • | ブログ | 4 min read
    #2022年 #Analytics

    2要因の分散分析

    前回のブログ記事では「1要因分散分析」を見てきました。 今回は2つの要因の分散分析について見ていきましょう。 Contents要因が増えると何がおこる?お題「出社と在宅でレビュー手法による結果に影響はあるか?」交互作用図サンプルデータ記述統計での確認分散分析多重比較まとめ 要因が増えると何がおこる? # コロナ禍になって出社勤務から在宅勤務に切り替えた会社さんも多いのではないでしょうか...

    記事を読む
  • | ブログ | 4 min read
    #2022年 #AWS #認証/認可 #ZTA

    ADFSとCognito Userpoolsの連携

    ブラウザなどの UI からアクセスするマイクロサービスでは JWT 認証 (OpenID Connect 等) を利用することが一般的です。AWS を利用している場合には、Amazon Cognito user pools (Cognito Userpools) で JWT の発行が可能です...

    記事を読む
  • | ブログ | 3 min read
    #2022年 #Analytics

    水準が3つ以上のデータを分析したい

    これまで「対応あり・なしの2つのデータ群について差」の検定を実施してきました。 では、3つ以上のデータ群の差を検定するにはどうすればいいでしょうか? 実はt検定は2群の差までしか検定することが出来ません。 3つ以上の条件での分析には「分散分析」を用いることになります。 今回も統計解析ツールjamoviを使ってデータ分析を行っていきます...

    記事を読む
  • | ブログ | 2 min read
    #2022年 #Analytics

    対応のあるデータの差を検定する

    前回のブログ記事では「対応なしt検定」について見ていきました。 今回は「対応ありt検定」で例題を解いていきましょう。 今回も統計解析ツールjamoviを使ってデータ分析を行っていきます。 Contentsお題「2種類の試行の差の確認」記述統計での確認対応ありt検定での確認まとめ お題「2種類の試行の差の確認」 # 今回のお題は以下を考えます...

    記事を読む
豆蔵デベロッパーサイト - 先週のアクセスランキング
  1. Nuxt3入門(第1回) - Nuxtがサポートするレンダリングモードを理解する (2022-09-25)
  2. 自然言語処理初心者が「GPT2-japanese」で遊んでみた (2022-07-08)
  3. GitHub Codespaces を使いはじめる (2022-05-18)
  4. Jest再入門 - 関数・モジュールモック編 (2022-07-03)
  5. ORマッパーのTypeORMをTypeScriptで使う (2022-07-27)
  6. Nuxt3入門(第4回) - Nuxtのルーティングを理解する (2022-10-09)
  7. Nuxt3入門(第3回) - ユニバーサルフェッチでデータを取得する (2022-10-06)
  8. 第1回 OpenAPI Generator を使ったコード生成 (2022-06-04)
  9. Nuxt3入門(第8回) - Nuxt3のuseStateでコンポーネント間で状態を共有する (2022-10-28)
  10. Nuxt3入門(第2回) - 簡単なNuxtアプリケーションを作成する (2022-10-02)