豆蔵社員のリモートワーク環境ご紹介 その1 ビジネスソリューション事業部長編

| 3 min read
Author: yoshihisa-muta yoshihisa-mutaの画像

はじめに

#

最近は、新型コロナウイルスが少しずつ収束しつつあるようなムードになっていますが、リモートワークの形態で勤務をされている方はまだまだ多いかと思います。弊社(株式会社豆蔵)では、社員の健康を第一に考え 2020 年 3 月頃からリモートワークを原則としました。そして、リモートワークでの働き方ができるように社内環境を整備しつつ、並行してクライアントともリモートワーク実現に向けた話し合いをしてきました。

その結果、2022 年 6 月時点では事業部の社員の 90% 以上がリモートワークを実施・継続しています。現在では、北は北海道、南は福岡県在住の社員も在籍しており、一緒に働く社員の物理的な場所の違いを意識することすらなくなってきました。

一方で、リモートワークでの勤務形態が長くなったことで、社員それぞれが自宅での勤務環境を整えるようになりました。このシリーズでは、そんな社員のこだわりの勤務環境をご紹介していきます。

筆者の働き方

#
  • リモートでのコミュニケーション (Zoom/Teamflow/Meet/Slack)
  • 各種資料作成 (Excel/Powerpoint)
  • 管理資料作成のためのスクリプト開発 (IntelliJ IDEA)

筆者は立場上、社員やクライアントとのコミュニケーションが非常に多く発生します。また、社内の会議のための報告資料を作成したり、提案書を作成したりといったことを行っています。さらには、隙間時間を使って、管理資料を自動生成するためのスクリプトを開発し、管理業務を効率化するといった取り組みも行っています。

こだわりポイント

#

「デスクに向かう際、自分のテンションを最大化すること」にこだわっています。

まずは現在のデスク周りの写真をご覧下さい。

こだわりポイントを 3 つに絞って説明します。

(1) ディスプレイ

中央に鎮座するメインディスプレイは、SAMSUNG の 49 インチの Odyssey G9 というウルトラワイド湾曲ディスプレイです。宇宙船のようなフォルムに一目惚れしたのですが、日本国内で一向に発売されないため、アメリカから個人輸入しました。ディスプレイの右側に Slack を常時表示させつつ、中央と左にはタスクをこなすために必要なアプリケーションを適宜配置しています。

左側には EIZO の 31.5 インチの 4K ディスプレイ FlexScan EV3285 を縦にして使っています。上側には社内のスケジューラー(サイボウズ)、下側には Google Calendar (プライベート+会社)を常時表示させています。

そして右側には LG の 34 インチの湾曲ウルトラワイドディスプレイ 34WL75C-B を使っています(自動昇降デスクを下げないと見えないのが玉に瑕)。こちらは、タスク遂行に必要な関連資料を表示させて使うことが多いです。

(2) 自動昇降デスク

FlexiSpot の E7Pro という自動昇降デスクを使っています。天板は IKEA の KARLBY を組み合わせ、プチ DIY しました。朝の仕事始めと午後の仕事再開時は立ったまま、そしてタスクに一区切り付いたところで、気分転換も兼ねて下げたりしながら仕事をしています。

また、仕事以外の場面でも、一番上まで天板を上げておくことで、大切なガジェット類を子供達に触って汚されたり壊されたりといったリスクをなくせるのが気に入っています。

(3) インターフェイス

同僚の勧めもあって、ハーマンミラーのアーロンリマスタードという椅子を使い始めました。ほとんどの時間座って仕事をするため、腰への負担が大幅に減って快適に仕事をできるようになりました。

また、Web 会議用に、同じく同僚の勧めもあって、SHOKZ の OPENCOMM という骨伝導ヘッドセットを愛用しています。耳を覆うことなく、普通に Web 会議ができるのは非常に便利です(会社のデスクにももう 1 つ置いています)。

そして、キーボードは 東プレのRealforce R3 Keyboard / R3UA11 です。Bluetooth の Realforce を待ち望んでいたこともあって、発売直後に購入しました。しかし、スリープ後にいちいち電源を入れ直さないのが面倒臭くなり、結局有線接続で使っています…。Realforce は社会人なりたてからもう 5 代目ですが、個人的に最高のキーボードだと思っています。

その他、変わったところでは、電子ペーパーの QUADERNO A5 (Gen.2) を使っています。デスク周りから、ポストイット以外の紙を排除できるので気に入っています。

まとめ

#

以上、マネージャ(時々デベロッパー)の筆者のリモートワーク環境でした。みなさまの参考になれば幸いです。

おまけ

#

アップグレード前のデスク環境を参考までに。正直こんなごちゃっとした環境にはもう戻りたくないです…。

豆蔵デベロッパーサイト - 先週のアクセスランキング
  1. Nuxt3入門(第1回) - Nuxtがサポートするレンダリングモードを理解する (2022-09-25)
  2. 自然言語処理初心者が「GPT2-japanese」で遊んでみた (2022-07-08)
  3. GitHub Codespaces を使いはじめる (2022-05-18)
  4. Jest再入門 - 関数・モジュールモック編 (2022-07-03)
  5. ORマッパーのTypeORMをTypeScriptで使う (2022-07-27)
  6. Nuxt3入門(第4回) - Nuxtのルーティングを理解する (2022-10-09)
  7. Nuxt3入門(第3回) - ユニバーサルフェッチでデータを取得する (2022-10-06)
  8. 第1回 OpenAPI Generator を使ったコード生成 (2022-06-04)
  9. Nuxt3入門(第8回) - Nuxt3のuseStateでコンポーネント間で状態を共有する (2022-10-28)
  10. Nuxt3入門(第2回) - 簡単なNuxtアプリケーションを作成する (2022-10-02)