Darkモード切替

M1 mac の Rancher Desktop で intel のコンテナイメージを実行する

| 3 min read
Author: shigeki-shoji shigeki-shojiの画像

M1 mac にインストールした Rancher Desktop では Amd64 のコンテナイメージの実行ができません。

しかし、Rancher Desktop が利用している lima の GitHub リポジトリ にはマルチアーキテクチャについてのドキュメントがあります。

ドキュメントに書かれている Fast mode なら、Amd64 (intel) のコンテナイメージの実行が可能ではないかと考え試してみました。

ここで説明されている Fast mode は QEMU を使ってエミュレーションする tonistiigi/binfmt をインストールします。

インストール#

Rancher Desktop の設定で Docker (moby) を使用している場合は、次のコマンドを実行します。

docker run --privileged --rm tonistiigi/binfmt --install amd64

Docker (moby) を使っていない場合は、次のコマンドを実行します。

sudo nerdctl run --privileged --rm tonistiigi/binfmt --install amd64
Information

kubectl を使う場合は、次のコマンドを実行してインストールします。

sudo kubectl run binfmt --privileged=true --rm=true -i -t --image=tonistiigi/binfmt -- --install amd64

実行#

Amd64 の Ubuntu を実行してみましょう。Docker を使用していない場合は、dockersudo nerdctl に置き換えてください。

docker run --platform linux/amd64 -it --rm ubuntu

Amd64 のコンテナイメージが動いていることを確認するため、次のコマンドを実行します。

uname -m

x86_64 と表示されます。

Information

kubectl を使う場合は次のようにダイジェストを使って実行します。

sudo kubectl run ubuntu --rm=true -i -t --image=ubuntu@sha256:bace9fb0d5923a675c894d5c815da75ffe35e24970166a48a4460a48ae6e0d19

アンインストール#

マルチアーキテクチャサポートをアンインストールしたい場合は、次のコマンドを実行します。Docker を使用していない場合は、dockersudo nerdctl に置き換えてください。

docker run --privileged --rm tonistiigi/binfmt --uninstall qemu-x86_64
Information

kubectl を使う場合は、次のコマンドを実行してアンインストールします。

sudo kubectl run binfmt --privileged=true --rm=true -i -t --image=tonistiigi/binfmt -- --uninstall qemu-x86_64

まとめ#

Arm64 で実行されている仮想 Linux (lima) 上で QEMU を使って実行するため、結局のところ動作しないイメージが多くあります。例えば、筆者は openpolicyagent/opa:latest-envoy の実行には成功しましたが、jboss/keycloak を実行しようとするとソケットを作るところでエラーが発生して正常に起動しませんでした。この方法で実行可能なイメージはかなり限定されるようです。

ここで説明した方法は、Arm64 の Raspberry Pi にも適用できます。

WWDC 2022 の「Create macOS or Linux virtual machines」で紹介された Rosetta 2 を搭載した macOS がリリースされると、Windows Subsystem for Linux のような手軽さで Linux を実行できるようになるため、コンテナ実行環境が大きく改善されるのではと期待を持っています。

参考#