Rancher Desktop 紹介

| 1 min read
Author: shigeki-shoji shigeki-shojiの画像

つい先日 (2022年1月21日) に、lima 紹介 という記事を書いたばかりですが、Mac (M1/Intel) と Windows のどちらにも対応し (さらに Linux にも)、それぞれ Lima と WSL2 を利用してコンテナランタイムを実行する、Rancher Desktop がついに v1.0.0 に到達したというニュースを受け取りました。

Rancher Desktop では、Rancher らしく、Kubernetes には、以前の記事 でも紹介した k3s を利用します。

Mac へのインストール

#

Mac でのインストールですが、ARM の M1 チップ搭載の場合でも、インテルチップ搭載の場合でも、同様に Homebrew を使うと楽にインストールできます。

brew install --cask rancher

Windows へのインストール

#

Windows の場合は Rancher Desktop サイト からインストーラをダウンロードして行ってください。

Linux

#

Linux へもインストールできるようですが、私は試していませんのでここでは割愛します。

まとめ

#

まだ使い始めたばかりではありますが、セットアップの容易さはとてもいいなと思っています。

豆蔵デベロッパーサイト - 先週のアクセスランキング
  1. 自然言語処理初心者が「GPT2-japanese」で遊んでみた (2022-07-08)
  2. Tauri でデスクトップアプリ開発を始める (2022-07-08)
  3. Deno による Slack プラットフォーム(オープンベータ) (2022-09-27)
  4. Jest再入門 - 関数・モジュールモック編 (2022-07-03)
  5. ORマッパーのTypeORMをTypeScriptで使う (2022-07-27)
  6. 第1回 OpenAPI Generator を使ったコード生成 (2022-06-04)
  7. 直感が理性に大反抗!「モンティ・ホール問題」 (2022-07-04)
  8. Rust によるデスクトップアプリケーションフレームワーク Tauri (2022-03-06)
  9. 箱ひげ図で外れ値を確認する (2022-05-18)
  10. Nuxt3入門(第1回) - Nuxtがサポートするレンダリングモードを理解する (2022-09-25)