buildpacks-action

| 1 min read

buildpacks-action は GitHub Actions で Cloud Native Buildpacks を使ってコンテナイメージビルドを実行するための Action です。

Buildpacks は Dockerfile を記述しなくても、アプリケーションのコンテナイメージを作成してくれるツールであり、各種プログラミング言語・アプリケーションフレームワークに対応した buildpack が提供されています。Dockerfile を手作成していると、アプリケーションごとにソフトウェアのバージョンアップに対応してメンテナンスを行う必要がありますが、Buildpacks を利用することでメンテナンスのコストを低減することが可能です。

buildpacks-action は、この Buildpacks を使って GitHub Actions ワークフローでアプリケーションのコンテナイメージをビルドするための Action です。

ワークフローでの利用イメージです。

jobs:
build-maven-app:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- uses: actions/checkout@v2
- name: Build image
uses: mamezou-tech/buildpacks-action@master
with:
image: 'foo-app'
tag: dev-$
path: path/to/foo-app
builder: gcr.io/paketo-buildpacks/builder:base

buildpacks のほか、ビルド時の環境変数を指定することも可能です。

詳細は README を参照してください。

buildpacks-action は Docker container action として実装しています。Docker in Docker で実行するため、ベースイメージは docker:dind を使用しています。

Docker コンテナのアクションを作成する - GitHub Docs

豆蔵デベロッパーサイト - 先週のアクセスランキング
  1. 自然言語処理初心者が「GPT2-japanese」で遊んでみた (2022-07-08)
  2. Tauri でデスクトップアプリ開発を始める (2022-07-08)
  3. Deno による Slack プラットフォーム(オープンベータ) (2022-09-27)
  4. Jest再入門 - 関数・モジュールモック編 (2022-07-03)
  5. ORマッパーのTypeORMをTypeScriptで使う (2022-07-27)
  6. 第1回 OpenAPI Generator を使ったコード生成 (2022-06-04)
  7. 直感が理性に大反抗!「モンティ・ホール問題」 (2022-07-04)
  8. Rust によるデスクトップアプリケーションフレームワーク Tauri (2022-03-06)
  9. 箱ひげ図で外れ値を確認する (2022-05-18)
  10. Nuxt3入門(第1回) - Nuxtがサポートするレンダリングモードを理解する (2022-09-25)