クラスタ環境構築 - AWS EKS (eksctl)

| 12 min read
Author: noboru-kudo

AWSのKubernetesフルマネージドサービスのEKS(Elastic Kubernetes Service)でクラスタ環境を構築してみましょう。

今回クラスタの構築にはAWS公式のCLIツールのeksctlを利用します。

eksctlはWeaveworks社で開発されたEKSクラスタの構築・運用を容易にしてくれるCLIツールです。
このツールはAWSインフラ部分を抽象化してくれるので、AWSのことをよく知らない方でもEKS環境の構築が簡単になりました(実際の商用で利用する環境であればAWSの知識は必要ですが)。
eksctl内部ではIaCツールとしてCloudFormationを利用しており、CloudFormationスタックを作成・更新していくスタイルになります。

Contents

事前準備#

以下の3つのツールを事前にセットアップしましょう。

eksctl#

本記事でメインに利用します。現時点で最新の0.68.0を使います。
ローカル環境に応じてこちらよりセットアップしてください。

ローカル環境にインストールできない場合はDockerコンテナを使う方法もあります。

kubectl#

kubectlはk8sの操作するための必須ツールです。こちらを参照して準備してください。

AWS CLI#

ユーザー認証でAWS CLI(v2)も利用します。
v1利用または未セットアップの場合はこちらを参考にインストールしてください。

eksctlのアクセス許可設定#

eksctlでクラスタの作成をするにはEKSだけでなく、VPCやCloudFormation等様々なアクセス許可をIAMユーザーに付与する必要があります。
そのユーザーは広範囲のアクセス許可が必要となりますし、将来的にパイプライン上で実行することも踏まえてeksctl専用のIAMユーザーを作成しておくとよいでしょう。

必要最低限のポリシーについてeksctlのドキュメントに記載されています。

今回環境構築後のチュートリアルでIAMポリシーを作成することがありますので、IamLimitedAccessに以下を追加してください(ResourceのARN内のxxxxxxxxxxxxは対象のAWSアカウントで置換してください)。

{
"Effect": "Allow",
"Action": "iam:CreatePolicy",
"Resource": "arn:aws:iam::xxxxxxxxxxxx:policy/*"
}

これでIAMユーザの作成とポリシーの設定をマネジメントコンソールから行います。

ポリシーを設定したIAMユーザー(eksctl)は以下のようになります。

上記で作成したIAMユーザーのアクセスキー、シークレットを環境変数に指定します。

export AWS_ACCESS_KEY_ID=xxxxxxxxxxxxxxx
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
export AWS_DEFAULT_REGION=ap-northeast-1

Kubernetesクラスタ環境構築#

それではeksctlを使ってクラスタ環境を作成してみましょう。新規クラスタの構築にはeksctlのcreate clusterサブコマンドを使います。

このコマンドには様々なオプションが用意されており、これらを指定することで詳細なチューニングを行うことができます。
オプションはYAMLファイルとして指定することもできますので、継続的に利用する場合はYAMLファイルとして作成してgit管理の対象とするのが望ましいでしょう。

今回はYAMLファイルでなく直接コマンドのオプションとして指定します。
以下のようにシンプルにクラスタ名のみを指定してクラスタを作成します。ここではクラスタ名をmz-k8sとしていますが任意の名前で構いません。変更した場合は後続のクラスタ名は読み替えてください。
またデフォルトは25分でタイムアウトしますが、AWSの状況によってはこれを超えることもあるため長めに指定しておくとよいでしょう。

実運用では必要なキャパシティを満たすWorkerの数(--nodes)やインスタンスタイプ(--node-type)等を適切に設定する必要があります。

eksctl create cluster --name mz-k8s --timeout 40m

実行するとeksctlはCloudFormationスタック(VPC等のネットワークリソースやEKSクラスタ等)を作成し、AWS環境への適用を開始します。
完了まではしばらくかかります。今回の構成では25分程度かかりました。気長に待ちましょう。

実行が完了したら早速作成したクラスタを見てみましょう。

まずはeksctlの動きを見てみます。前述の通りeksctlはIaCツールとしてCloudFormationを利用して各種リソースを作成しています。
マネジメントコンソールのCloudFormationを見てみるとeksctl-${CLUSTER_NAME}-というプリフィックスでで複数のスタックが作成されています[1]

各スタックのテンプレートを見てみると以下のように各種リソースの構成が定義されています。これらはeksctlのオプションの設定内容により変わります。

スタック名 内容
eksctl-mz-k8s-cluster VPC、サブネット、NatGateway/InternetGateway等のネットワークやEKSクラスタリソース
eksctl-mz-k8s-nodegroup-ng-92d271e3 EKSのマネージドノードグループリソース(k8sのWorker)

最後にEKSクラスタをマネジメントコンソールで確認しましょう。EKSを選択すると以下のように作成されていることが分かります。

現時点では最新のk8sは1.22ですが、2つ古い1.20で作成されたようです。ここはEKSのデフォルト値の状況によって変わります。
バージョンについてはクラスタ作成時に--versionオプション指定することで希望するバージョンで作成することができます(もちろんEKSでサポートされるバージョンに限ります)。

設定 -> コンピューティング -> ノードグループと選択すると以下のようにマネージドノードグループの設定をみることができます。

今回は特に指定しませんでしたので、eksctlデフォルトの2ノード、インスタンスタイプm5.largeでノードグループが構成されていることが分かります。
この部分はAWSの費用に大きく影響しますので注意しましょう。

クラスタ環境への接続#

それでは作成したEKSにローカル環境からkubectl経由で接続してみましょう。
eksctlはデフォルトでローカルのkubectlの接続設定であるkubeconfig(~/.kube/config)も更新してくれますので、クラスタ作成が終わると接続可能な状態になっています[2]

ではkubeconfigの中身を見てみましょう。

kubectl config view

以下に必要な部分を抜粋・整形したものを載せます。

apiVersion: v1
kind: Config
clusters:
- cluster:
certificate-authority-data: DATA+OMITTED
server: https://xxxxxxxxxxxxxxxxxxx.gr7.ap-northeast-1.eks.amazonaws.com
name: mz-k8s.ap-northeast-1.eksctl.io
contexts:
- context:
cluster: mz-k8s.ap-northeast-1.eksctl.io
user: eksctl@mz-k8s.ap-northeast-1.eksctl.io
name: eksctl@mz-k8s.ap-northeast-1.eksctl.io
users:
- name: eksctl@mz-k8s.ap-northeast-1.eksctl.io
user:
exec:
apiVersion: client.authentication.k8s.io/v1alpha1
args:
- token
- -i
- mz-k8s
command: aws-iam-authenticator
env:
- name: AWS_STS_REGIONAL_ENDPOINTS
value: regional
- name: AWS_DEFAULT_REGION
value: ap-northeast-1
interactiveMode: IfAvailable
provideClusterInfo: false

usersセクションを見るとaws-iam-authenticatorコマンドを利用してIAM認証でEKSにアクセスするように構成されていることが分かります[3]

クラスタ情報を見てみましょう。

kubectl cluster-info
Kubernetes control plane is running at https://xxxxxxxxxxxxxxxxx.gr7.ap-northeast-1.eks.amazonaws.com
CoreDNS is running at https://xxxxxxxxxxxxxxxxx.gr7.ap-northeast-1.eks.amazonaws.com/api/v1/namespaces/kube-system/services/kube-dns:dns/proxy

k8sのControl PlaneとCoreDNSの接続先情報が表示されました。kubectlはこのControl Planeと接続して各種リソースの作成・更新等を行います。

最後にNodeリソースの方を見てみましょう。

kubectl get node -o wide
NAME                                                STATUS   ROLES    AGE   VERSION              INTERNAL-IP      EXTERNAL-IP     OS-IMAGE         KERNEL-VERSION                CONTAINER-RUNTIME
ip-192-168-60-212.ap-northeast-1.compute.internal   Ready    <none>   98m   v1.20.7-eks-135321   192.168.60.212   35.73.228.54    Amazon Linux 2   5.4.144-69.257.amzn2.x86_64   docker://19.3.13
ip-192-168-77-193.ap-northeast-1.compute.internal   Ready    <none>   98m   v1.20.7-eks-135321   192.168.77.193   54.64.218.240   Amazon Linux 2   5.4.144-69.257.amzn2.x86_64   docker://19.3.13

NodeのOSイメージはAmazon Linux2、コンテナランタイムはDocker[4]が使われているようです。

開発者ユーザーのアクセス許可#

現在の状態だとeksctlを実行したIAMユーザー(eksctl)のみがアクセス可能なクラスタです。
セキュリティ上の理由によりeksctlユーザーは環境構築用に限定し、各開発者は適切なポリシーで割り当てた専用IAMユーザーを使うのが一般的です。
EKSではaws-authというConfigMapリソースでAWSのIAM認証とk8sクラスタのRBACを紐付けることで一般の開発者がkubectlでクラスタにアクセスできるようになります。

まず、初期状態のaws-authの内容を見てみましょう。

eksctl get iamidentitymapping --cluster mz-k8s
ARN												USERNAME				GROUPS
arn:aws:iam::xxxxxxxxxxx:role/eksctl-mz-k8s-nodegroup-ng-1b7d5d-NodeInstanceRole-1ILPNQD3IML3I	system:node:	system:bootstrappers,system:nodes

クラスタ構築直後は1件のみ設定されています[5]
これはマネージドノードグループがNode管理やPodのスケジューリング等のインフラタスクを実行する上で必要なもので、これを削除・変更してはいけません(確実にクラスタ壊れます)。

EKSでは、これにクラスタにアクセスするIAM UserまたはRoleを追加することで、該当の開発者がクラスタにアクセスできるようになります。
これの実態は通常のk8sのConfigMapリソースなので直接更新してもよいのですが、eksctlには専用のサブコマンドが用意されていますのでそちらを利用しましょう。

マネジメントコンソールから別途IAMユーザー(ここではnoboru-kudo)を作成した後、以下のコマンドでクラスタアクセスを許可するようにします。

eksctl create iamidentitymapping --cluster mz-k8s \
--arn arn:aws:iam::xxxxxxxxxxx:user/noboru-kudo \
--group system:masters \
--username noboru-kudo

arnオプションには作成したIAMユーザーのARNを指定しましょう(マネジメントコンソールから参照できます)。
usernameは任意ですがAWS側とマッピングしやすくするためにIAMユーザー名に合わせるのが無難でしょう。スイッチロールで他のアカウントのIAMユーザを指定する場合はそのRoleのARNを指定します。
groupにはk8sのGroup名を指定します。今回はsystem:masters(管理者権限)を割り当てていますが、実運用では必要最低限のアクセス許可を持った専用のClusterRole/RoleとClusterRoleBinding/RoleBindingを作成して割り当てるようにしましょう(k8sのRBACガイド参照)。
例えば、以下のような参照用の権限を作成した場合はsystem:mastersではなくreadonlyを指定します。

kind: ClusterRoleBinding
apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
metadata:
name: readonly
subjects:
- kind: Group
name: readonly # これを指定
apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
roleRef:
apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
kind: ClusterRole
name: view # k8s組み込みの参照用ロール

それでは実行結果を見てみましょう。今度は直接ConfigMapリソースaws-authの中身を直接見てみます。

kubectl get cm aws-auth -n kube-system -o yaml
# 一部省略/整形
apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
name: aws-auth
namespace: kube-system
data:
mapRoles: |
- groups:
- system:bootstrappers
- system:nodes
rolearn: arn:aws:iam::xxxxxxxxxxxx:role/eksctl-mz-k8s-nodegroup-ng-1b7d5d-NodeInstanceRole-1ILPNQD3IML3I
username: system:node:{{EC2PrivateDNSName}}

mapUsers: |
- groups:
- system:masters
userarn: arn:aws:iam::xxxxxxxxxxxx:user/noboru-kudo
username: noboru-kudo

mapUsersセクションに今回追加したIAMユーザーが登録されていることが分かります。
別のターミナルを開いて登録したIAMユーザーでクラスタが参照できることを確認しましょう。
まずAWS CLIのバージョンがv2以降であることを確認しましょう(v1ではこの手順は機能しません)。

aws --version
aws-cli/2.2.44 Python/3.8.8 Darwin/20.6.0 exe/x86_64 prompt/off

続いて追加したユーザーのAWS CLIの設定を完了させましょう。
作成したIAMユーザーのアクセスキー、シークレットをセットアップしてください。

aws configure

ではEKSクラスタの認証(kubeconfig)をセットアップしましょう。以下のawsコマンドでkubeconfigが更新されます。

aws eks update-kubeconfig --name mz-k8s

先程同様にkubeconfigの内容を見てみましょう。

kubectl config view
# 必要な部分のみ抜粋・編集
apiVersion: v1
kind: Config
clusters:
- cluster:
certificate-authority-data: DATA+OMITTED
server: https://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.yl4.ap-northeast-1.eks.amazonaws.com
name: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
contexts:
- context:
cluster: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
user: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
name: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
current-context: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
users:
- name: arn:aws:eks:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxx:cluster/mz-k8s
user:
exec:
apiVersion: client.authentication.k8s.io/v1alpha1
args:
- --region
- ap-northeast-1
- eks
- get-token
- --cluster-name
- mz-k8s
command: aws
env:
- name: AWS_PROFILE
value: default
interactiveMode: IfAvailable
provideClusterInfo: false

aws eks get-tokenコマンドでIAMユーザーEKSクラスタの認証ステップが登録されていることが確認できます。
以下のコマンドで先程同様にEKSクラスタの情報が表示されていればセットアップ完了です。

kubectl cluster-info

以降の動作確認は引き続きこのIAMユーザーで実施します。

動作確認#

最後に作成したクラスタ環境と開発用のIAMユーザー(ここではnoboru-kudo)で簡単に動作確認してみましょう。Nginxのコンテナをデプロイしてみます。

# Podリソース作成
kubectl run nginx --restart Never --image nginx
# ServiceリソースをLoadBalancerとして公開
kubectl expose pod nginx --port 80 --type LoadBalancer

NginxのPodとそれに対応するServiceリソースを外部公開のロードバランサーとして作成しました。内容を確認してみましょう。

kubectl get pod,service -l run=nginx
NAME        READY   STATUS    RESTARTS   AGE
pod/nginx   1/1     Running   0          3m18s

NAME                 TYPE           CLUSTER-IP      EXTERNAL-IP                                                                    PORT(S)        AGE
service/nginx        LoadBalancer   10.100.44.191   xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com   80:30072/TCP   76s

service/nginxのEXTERNAL-IPの値が公開エンドポイントになります(CLUSTER-IPはクラスタ内のもので外部からアクセスはできません)。

内部的にはServiceリソースの作成をEKSが検知すると、外部からのトラフィックをルーティングするためのELBを作成します。
実際にマネジメントコンソールからも確認することができます。

このELBがマネージドノードに対して外部からのリクエストをルーティングしていることが分かります。
それではこの公開エンドポイントに対してブラウザからアクセスしてみましょう。

NginxのWelcomeページにアクセスできれば確認完了です。
DNSが伝播されるまで少し時間がかかりますので接続できない場合はしばらく待ってからリトライしてください。

クリーンアップ#

EKSはControl Planeだけでなく、マネージドノード自体の課金もありますので使わなくなったものは削除しましょう。

eksctlユーザーのターミナルに戻って以下のコマンドで全てのリソースを削除してしまいましょう。

# VPC,EKS削除
eksctl delete cluster --name mz-k8s

これでVPCやEKSクラスタに加えて、ServiceリソースのLoadBalancer作成に伴って作成されたELBも削除されます[6]


参照資料


  1. これらはeksctlのユーティリティコマンドeksctl utils describe-stacks --name=mz-k8sでも参照できます。 ↩︎

  2. eksctl utils write-kubeconfig --name=$CLUSTER_NAMEコマンドで作成することもできます。 ↩︎

  3. aws CLI v1.16.156以降では、aws-iam-authenticatorは不要になったのですが、現時点ではeksctlの必須の依存ライブラリになっているようです。 ↩︎

  4. k8s v1.23ではdocker-shimのサポートが削除される予定ですので新しいバージョンでは変更になると思います。 ↩︎

  5. EKS on Fargateでセットアップした場合はFargateプロファイルについても設定されています。 ↩︎

  6. 以前は、k8s経由で作成したリソースは事前に削除しないと失敗しましたが、最近のeksctlは自動で作成されたELB含めて削除してくれるようです。 ↩︎