注目イベント!
春の新人向け連載企画開催中
新人エンジニアの皆さん、2024春、私たちと一緒にキャリアアップの旅を始めませんか?
IT業界への最初の一歩を踏み出す新人エンジニアをサポートする新連載スタート!
mameyose

GitHub のリリースノート自動生成機能を使う

| 2 min read
Author: masahiro-kondo masahiro-kondoの画像

昨年10月 GitHub のリリース機能がリニューアルされ、自動的なリリースノート生成とリリースページ作成 UI の改善が実施されました。

Improvements to GitHub Releases - generally available | GitHub Changelog

自動的なリリースノート生成については、これまで Release Drafter が使われてきましたが、この機能が本家に取り込まれた感じですね。

GitHub - release-drafter/release-drafter: Drafts your next release notes as pull requests are merged into master.

Release Drafter は PR がマージされるたびに次回リリース用のドラフトが更新されていく動きでしたが、本家のジェネレータはリリース作成時に作動します。

Automatically generated release notes - GitHub Docs

サンドボックスのリポジトリを作成して試しました。ドキュメントのサンプル通り、release.yml を .github に配置します。

# .github/release.yml

changelog:
  exclude:
    labels:
      - ignore-for-release
    authors:
      - octocat
  categories:
    - title: Breaking Changes 🛠
      labels:
        - Semver-Major
        - breaking-change
    - title: Exciting New Features 🎉
      labels:
        - Semver-Minor
        - enhancement
    - title: Other Changes
      labels:
        - "*"

Release Drafter とほぼ同じ構文です。PR に付与したラベルにより Breaking Changes や Features といったカテゴリに PR と author を並べてくれます。テスト追加やリファクタリングなどリリースノートに含めたくない PR を除外するためのラベルや dependabot など除外したい author も exclude に指定可能です。

PR を2つ作成し、それぞれ enhancementignore-for-release のラベルをつけました。

この状態で v0.2.0 のタグを作り、Draft a new release ボタンをクリックしてリリースを作成。

リリース作成画面で v0.2.0 のタグを選択し、リリース記述用のテキストボックス未入力状態で Auto-generate release notes ボタンをクリック。

.github/release.yml の定義に従って、ドラフトが挿入されました。

プレビューで確認して公開。ちゃんと enhancement ラベルの PR だけ反映されていていい感じのリリースページになりました。

Release は GitHub API でも作れます。Create API に generate_release_notes という boolean のパラメータがちゃんと追加されています。

https://docs.github.com/ja/rest/reference/releases#create-a-release

タグが作成されたら GitHub Actions で リリースノート付きの Pre-release までを自動作成し、最終的に人が確認してリリースというワークフローも構築可能です。

豆蔵では共に高め合う仲間を募集しています!

recruit

具体的な採用情報はこちらからご覧いただけます。