GitHub Actions ワークフローにおけるジョブ制御

| 4 min read
Author: masahiro-kondo masahiro-kondoの画像

GitHub Actions ワークフローでは、複数のジョブを順次・並列・条件実行できます。各ジョブは異なるマシン(Runner) もしくは コンテナイメージで実行されます。それぞれ具体的に見ていきましょう。

Contents

Information

本記事は、以下のブログ記事を再編・追記したものです。
GitHub Actions ワークフローで複数のジョブ実行を制御する - kondoumh のブログ

順次実行 (シーケンシャル)

#
flowchart LR
   Build1 --> Build2

何も指定しなければ、ジョブは並列に実行されます。順次実行するには、needs キーワードで、先行のジョブを指定します。

name: Sequential Jobs
on:
push:

jobs:
Build1:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- run: echo Build1

Build2:
runs-on: ubuntu-latest
needs: Build1
steps:
- run: echo Build2

ワークフロー実行結果です。

並列実行 (フォーク)

#
flowchart LR
   Setup --> Build1 & Build2

ジョブを実行後に複数のジョブを並列実行するには、各ジョブの needs に分岐元のジョブを指定します。

name: Fork Jobs
on:
push:

jobs:
Setup:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- run: echo Setup

Build1:
runs-on: ubuntu-latest
needs: Setup
steps:
- run: echo Build1

Build2:
runs-on: ubuntu-latest
needs: Setup
steps:
- run: echo Build2

ワークフロー実行結果です。

並列実行 (ジョイン)

#
flowchart LR
   Build1 --> Teardown
   Build2 --> Teardown

並列ジョブをジョインして最終の処理を行うには needs にジョインしたいジョブを列挙します。

name: Join Jobs
on:
push:

jobs:
Build1:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- run: echo Build1

Build2:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- run: echo Build2

Teardown:
runs-on: ubuntu-latest
needs: [Build1, Build2]
steps:
- run: echo Teardown

ワークフロー実行結果です。

フォークとジョインの組合せ

#
flowchart LR
   Build --> TestA & TestB
   TestA --> Deploy
   TestB --> Deploy

CI でビルド後に複数のテストを並列実行して成功したらデプロイするような例です。

name: Deploy
on:
push:

jobs:
Build:
runs-on: ubuntu-latest
steps:
- run: echo Build

TestA:
runs-on: ubuntu-latest
needs: Build
steps:
- run: echo Test A

TestB:
runs-on: ubuntu-latest
needs: Build
name: Run Test B
steps:
- run: echo Test B

Deploy:
runs-on: ubuntu-latest
needs: [TestA, TestB]
steps:
- run: echo Deploy

ワークフロー実行結果です。

条件実行 (コンディション)

#

ワークフローの成功・失敗を最後に通知するような例です。

flowchart LR
    A[Deploy] --> B{result?};
    B -->|success| C[Notify succeed];
    B -->|fail| D[Notify failure];

GitHub Actions ではワークフローの状態は内包するジョブの失敗・成功に依存します。1つでもジョブが失敗していれば、ワークフローの状態は失敗です。ワークフローの状態は success / failure などの関数で取得できるため、if 条件文でジョブの実行条件を指定します。

  Deploy:
runs-on: ubuntu-latest
needs: [TestA, TestB]
steps:
- name: Deploy
run: echo Deploy

Notify_succeed:
if: ${{ success() }}
runs-on: ubuntu-latest
needs: Deploy
steps:
- name: Notify to Slack channel
uses: rtCamp/action-slack-notify@v2
env:
SLACK_WEBHOOK: ${{ secrets.SLACK_WEBHOOK_URL }}
SLACK_USERNAME: GitHUb Actions
SLACK_TITLE: Workflow Succeeded
SLACK_ICON: https://github.githubassets.com/images/modules/logos_page/GitHub-Mark.png
SLACK_MESSAGE: 'Run number : #${{ github.run_number }}'

Notify_failure:
if: ${{ failure() }}
runs-on: ubuntu-latest
needs: Deploy
steps:
- name: Notify to Slack channel
uses: rtCamp/action-slack-notify@v2
env:
SLACK_WEBHOOK: ${{ secrets.SLACK_WEBHOOK_URL }}
SLACK_USERNAME: GitHUb Actions
SLACK_TITLE: Workflow failed
SLACK_ICON: https://github.githubassets.com/images/modules/logos_page/GitHub-Mark.png
SLACK_COLOR: danger
SLACK_MESSAGE: 'Run number : #${{ github.run_number }}'

Notify_succeed ジョブと Notify_failure ジョブで、通知内容を結果に応じてタイトルに設定しています。GitHub Actions のビルド番号を github.run_number という組み込みの変数で取得して Slack のメッセージに出力しています。

Slack への通知に、以下の Action を利用しました。

Slack Notify - GitHub Marketplace

ワークフロー成功時の実行結果です。

Slack への通知例です。

ワークフロー失敗時の実行結果です。TestB が失敗したので Deploy はスキップされ、失敗通知が実行されました。

Slack への通知例です。

ワークフローの成功・失敗に関わらず何らかのジョブを実行したい場合は、always 関数を使って以下のように定義できます。

  Run_always:
if: ${{ always() }}
runs-on: ubuntu-latest
豆蔵デベロッパーサイト - 先週のアクセスランキング
  1. 自然言語処理初心者が「GPT2-japanese」で遊んでみた (2022-07-08)
  2. Tauri でデスクトップアプリ開発を始める (2022-07-08)
  3. Deno による Slack プラットフォーム(オープンベータ) (2022-09-27)
  4. Jest再入門 - 関数・モジュールモック編 (2022-07-03)
  5. ORマッパーのTypeORMをTypeScriptで使う (2022-07-27)
  6. 第1回 OpenAPI Generator を使ったコード生成 (2022-06-04)
  7. 直感が理性に大反抗!「モンティ・ホール問題」 (2022-07-04)
  8. Rust によるデスクトップアプリケーションフレームワーク Tauri (2022-03-06)
  9. 箱ひげ図で外れ値を確認する (2022-05-18)
  10. Nuxt3入門(第1回) - Nuxtがサポートするレンダリングモードを理解する (2022-09-25)