注目イベント!
春の新人向け連載企画開催中
新人エンジニアの皆さん、2024春、私たちと一緒にキャリアアップの旅を始めませんか?
IT業界への最初の一歩を踏み出す新人エンジニアをサポートする新連載スタート!
mameyose

Open62541を使用したOPC-UAクライアント開発

| 12 min read
Author: hayato-ota hayato-otaの画像

はじめに

#

前回の記事

#

前回の記事(こちら)では、OPC-UAの概要やOpen62541のインストール方法について説明しました。
本記事を読む前にご覧ください。

本記事の目的

#

本記事では、下記の事項について説明します。

  • OPC-UA Clientのサンプル作成
  • サーバに登録した変数への読み書き
  • サーバに登録した関数の呼び出し

開発環境

#

必要なライブラリ・ツール

#

開発にあたって、下記のライブラリ・ツールを使用します。

  • Visual Studio
    • 本記事ではVisual Studio 2022 Communityを使用しています
  • OpenSSL
    • 本記事ではOpenSSL 3.0.7を使用しています
  • CMake
    • 本記事ではCMake 3.25.0-rc2を使用しています
  • Python3
    • 本記事ではPython 3.12.0を使用しています
  • UaExpert
    • OPC-UAクライアントツール
    • サーバに登録された値を確認するために使用しています

プロジェクトの作成と設定

#

OPC-UAクライアント用プロジェクトの作成と設定について説明します。

Information

本章の内容は前回記事と同じのため、既にご存知の方は飛ばして頂いて構いません。

プロジェクトの新規作成

#

Visual Studioを開き,「open62541_ws」ソリューションを開きます。
左上のタブから「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」を選択します。

C++の「コンソールアプリ」を選択します。

プロジェクトの設定を行います。
下記のように設定します。
プロジェクトはsrcフォルダ内に作成することとします。

プロジェクト名: SimpleClient
場所: <ソリューションディレクトリ>/src
ソリューション: ソリューションに追加

プロジェクトの設定

#

Visual Studioでの開発を行いやすくするために,プロジェクトの設定を行います。
ソリューションエクスプローラー内の「SimpleClient」を右クリックし,プロパティを選択します。

この画面でプロジェクトの設定を行います。

SimpleClientプロパティページの上部にある「構成」を「すべての構成」に設定します。

インクルード設定

#

左側の「構成プロパティ」欄から

「構成プロパティ」→「C/C++」→「全般」

を選択します。

右側の欄にある「追加のインクルードディレクトリ」に

$(SolutionDir)include

と設定します。

設定したら、画面右下の「適用」をクリックしましょう。

プロジェクトインクルード設定

Visual Studioで使用可能なマクロについて

設定では便利なマクロが使用できます。
詳細はこちらをご覧ください。

ライブラリディレクトリの設定

#

左側の欄から

「構成プロパティ」→「リンカ―」→「全般」

を選択します。

右側の「追加のライブラリディレクトリ」に

$(SolutionDir)lib

と設定します。

設定したら、「適用」をクリックしましょう。

プロジェクト ライブラリディレクトリ設定

依存ファイル設定

#

左側の欄から

「構成プロパティ」→「リンカ―」→「入力」

を選択します。

右側の「追加の依存ファイル」に

$(SolutionDir)lib\open62541.lib

を追記します。
ここで、設定値のセパレータはセミコロンです。

設定したら、「適用」をクリックしましょう。

プロジェクト_依存ファイル設定

出力ディレクトリ設定

#

左側の欄から

「構成プロパティ」→「全般」

を選択します。

右側の「出力ディレクトリ」の横に表示される
三角形のアイコンをクリックし、「編集...」ボタンをクリックして編集画面を開きます。

プロジェクト_出力ディレクトリ設定

編集画面にて、下記のように設定します。

$(SolutionDir)bin\$(ProjectName)\$(Configuration)\

設定したら、「適用」をクリックしましょう。

dllファイルコピー設定

#

プログラムをビルドした後に実行する際、アプリケーションの起動時にopeb62541.dllをリンクする必要があります。

ここでは、ビルド後にdllファイルを出力ディレクトリにコピーするように設定します。

左側の欄から

「構成プロパティ」→「ビルドイベント」→「ビルド後のイベント」

を選択します。

右側の「コマンドライン」に下記の2行を入力します。

robocopy $(SolutionDir)bin\ $(TargetDir) open62541.dll
IF %ERRORLEVEL% LSS 8 EXIT 0

2行目は,robocopyコマンドがコピー成功時に発生するエラーを抑止するためのコマンドです。
詳細はこちらをご覧ください。

プロジェクト_ビルド後のイベント

設定出来たら、OKボタンをクリックしてプロパティ画面を閉じます。

以上がプロジェクトの設定となります。

クライアントの実装

#

サーバに登録したノード一覧

#

前回記事では、下記2つのノードをサーバに登録しました。

  • Int型の変数SampleVariable
  • SampleVariableに引数の値を加算する関数IncreaseVariable(int delta)

Serverに登録したノード一覧

本記事では、この2つのノードにアクセスするクライアントを実装してみます。

実装コード

#

作成したSimpleClient.cpp内に下記のコードを記述します。
本記事で実装するコードはこちら[1]にも記載しています。

/*
下記の2つのノードにアクセスするClient
    - 変数 ... SampleVariable : int
    - 関数 ... IncreaseVariable(int) : int
*/

#include <iostream>
#include <open62541/client_config_default.h>
#include <open62541/client_highlevel.h>
#include <open62541/plugin/log_stdout.h>


/// <summary>
/// 変数の値を読みだす
/// </summary>
/// <param name="client">クライアントインスタンスアドレス</param>
void readSampleVariable(UA_Client* client) {
    UA_Int32 value = 0;
    UA_Variant* var = UA_Variant_new();
    UA_NodeId nodeId = UA_NODEID_STRING(1, (char*)"SampleVarNodeId");
    // NodeIdを指定する
    UA_StatusCode retval = UA_Client_readValueAttribute(client, nodeId, var);    
    
    if (retval == UA_STATUSCODE_GOOD && UA_Variant_isScalar(var) &&
        var->type == &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32])
    {
        value = *(UA_Int32*)var->data;
        printf("the value of SampleVariable: %d\n", value);
    }
    else {
        printf("Failed to read SampleVariable\n");
    }
}


/// <summary>
/// 変数の値を書き込む
/// </summary>
/// <param name="client">クライアントインスタンスアドレス</param>
/// <param name="data">書き換える値</param>
UA_StatusCode writeSampleVariable(UA_Client* client, UA_Int32 newValue) {
    UA_Variant newValueVariant;
    UA_Variant_setScalar(&newValueVariant, &newValue, &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32]);
    UA_NodeId nodeId = UA_NODEID_STRING(1, (char*)"SampleVarNodeId");
    UA_StatusCode retval = UA_Client_writeValueAttribute(
                                client,
                                nodeId,
                                &newValueVariant);

    if (retval != UA_STATUSCODE_GOOD) {
        printf("Failed to write sample variable value, returned %x\n", retval);
    }
    return retval;
}



/// <summary>
/// サーバに登録している関数を実行する
/// </summary>
void invokeMethod(UA_Client* client) {
    UA_Variant input;
    UA_Int32 argValue = 32; // 追加する値(delta)

    UA_Variant_init(&input);
    UA_Variant_setScalarCopy(&input, &argValue, &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32]);

    // 戻り値用の変数
    size_t outputSize;
    UA_Variant* output;
    
    // 関数を呼び出す
    UA_StatusCode retval = UA_Client_call(
        client, 
        UA_NODEID_NUMERIC(0, UA_NS0ID_OBJECTSFOLDER),   // オブジェクトID
        UA_NODEID_STRING(1, (char*)"addIncreaseVarNodeId"), // メソッドのID
        1,              // 入力個数 
        &input,         // 入力データ配列
        &outputSize,    // 出力データ個数
        &output         // 出力データ配列
    );

    if (retval == UA_STATUSCODE_GOOD) {
        printf("Method call was successful, and %lu returned values available.\n", (unsigned long)outputSize);
        UA_Array_delete(output, outputSize, &UA_TYPES[UA_TYPES_VARIANT]);
    }
    else {
        printf("Method call was unsuccessful, and %x returned values available.\n", retval);
    }
    UA_Variant_clear(&input);
}


/// <summary>
/// メイン関数
/// </summary>
int main()
{
    // Clientインスタンスの生成
    UA_Client* client = UA_Client_new();
    UA_ClientConfig_setDefault(UA_Client_getConfig(client));
    UA_StatusCode retval = UA_Client_connect(client, "opc.tcp://localhost:4840");
    if (retval != UA_STATUSCODE_GOOD) {
        UA_LOG_INFO(UA_Log_Stdout, UA_LOGCATEGORY_USERLAND,
            "The connection failed with status code %s\n",
            UA_StatusCode_name(retval));
        UA_Client_delete(client);
        return 0;
    }

    // 変数の現在の値を読み出す
    printf("Press any key to Read Sample Variable\n");
    std::cin.get();
    readSampleVariable(client); // 値を取得する

    // 任意の値を書き込む
    printf("Press any key to Write Sample Variable\n");
    std::cin.get();
    int targetValue = -1;
    writeSampleVariable(client, targetValue);
    readSampleVariable(client); // 書き込んだ結果を出力する

    // 関数にアクセスする
    printf("Press any key to invoke method\n");
    std::cin.get();
    invokeMethod(client);
    readSampleVariable(client); // 結果を出力する


    printf("Press any key to exit ...\n");
    std::cin.get();

    return EXIT_SUCCESS;
}

コードの詳細

#

変数の値を読み出す

#
/// <summary>
/// 変数の値を読みだす
/// </summary>
/// <param name="client">クライアントインスタンスアドレス</param>
void readSampleVariable(UA_Client* client) {
    UA_Int32 value = 0;
    UA_Variant* var = UA_Variant_new();
    UA_NodeId nodeId = UA_NODEID_STRING(1, (char*)"SampleVarNodeId");
    // NodeIdを指定する
    UA_StatusCode retval = UA_Client_readValueAttribute(client, nodeId, var);
    
    if (retval == UA_STATUSCODE_GOOD && UA_Variant_isScalar(var) &&
        var->type == &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32])
    {
        value = *(UA_Int32*)var->data;
        printf("the value of SampleVariable: %d\n", value);
    }
    else {
        printf("Failed to read SampleVariable\n");
    }
}
  • UA_Variant型の変数を生成します
  • UA_Client_readValueAttribute()を使用してServer上の変数にアクセス可能なUA_Variantを生成する
    • 第1引数にClientインスタンスのポインタを渡す
    • 第2引数に取得したいノードIDを渡す
    • 第3引数に設定するUA_Variableインスタンスを渡す
  • 設定済みのUA_Variableインスタンスから値を取得する
    • UA_Variableインスタンスが指し示す方がスカラ型かつInt32型の場合にのみ取得

変数に値を書き込む

#
/// <summary>
/// 変数の値を書き込む
/// </summary>
/// <param name="client">クライアントインスタンスアドレス</param>
/// <param name="data">書き換える値</param>
UA_StatusCode writeSampleVariable(UA_Client* client, UA_Int32 newValue) {
    UA_Variant newValueVariant;
    UA_Variant_setScalar(&newValueVariant, &newValue, &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32]);
    UA_NodeId nodeId = UA_NODEID_STRING(1, (char*)"SampleVarNodeId");
    UA_StatusCode retval = UA_Client_writeValueAttribute(client, nodeId, &newValueVariant);

    if (retval != UA_STATUSCODE_GOOD) {
        printf("Failed to write sample variable value, returned %x\n", retval);
    }
    return retval;
}
  • 書き込み用のUA_Variant型インスタンスを生成する
  • UA_Int32int32_tのエイリアス
  • UA_Variant_setScalar()を使用して値をセットする
  • UA_Client_writeValueAttribute()を使用して値書き込み

サーバに登録した関数を実行する

#
/// <summary>
/// サーバに登録している関数を実行する
/// </summary>
void invokeMethod(UA_Client* client) {
    UA_Variant input;
    UA_Int32 argValue = 32; // 追加する値(delta)

    UA_Variant_init(&input);
    UA_Variant_setScalarCopy(&input, &argValue, &UA_TYPES[UA_TYPES_INT32]);

    // 戻り値用の変数
    size_t outputSize;
    UA_Variant* output;
    
    // 関数を呼び出す
    UA_StatusCode retval = UA_Client_call(
        client, 
        UA_NODEID_NUMERIC(0, UA_NS0ID_OBJECTSFOLDER),   // オブジェクトID
        UA_NODEID_STRING(1, (char*)"addIncreaseVarNodeId"), // メソッドのID
        1,              // 入力個数 
        &input,         // 入力データ配列
        &outputSize,    // 出力データ個数
        &output         // 出力データ配列
    );

    if (retval == UA_STATUSCODE_GOOD) {
        printf("Method call was successful, and %lu returned values available.\n", (unsigned long)outputSize);
        UA_Array_delete(output, outputSize, &UA_TYPES[UA_TYPES_VARIANT]);
    }
    else {
        printf("Method call was unsuccessful, and %x returned values available.\n", retval);
    }
    UA_Variant_clear(&input);
}
  • 関数の入力(引数)と出力(戻り値)用のUA_Variant型インスタンスを生成する
  • UA_Client_call()を使用してServer上の関数を実行する
    • 第4引数に入力データ配列個数を渡す
    • 第5引数に入力データ配列を渡す
    • 第6引数に出力データ配列個数が返る
    • 第7引数に入力データ配列が返る
  • UA_Array_delete()でメモリ開放

main関数

#
int main()
{
    // クライアントインスタンスの生成
    UA_Client* client = UA_Client_new();
    UA_ClientConfig_setDefault(UA_Client_getConfig(client));
    UA_StatusCode retval = UA_Client_connect(client, "opc.tcp://localhost:4840");
    if (retval != UA_STATUSCODE_GOOD) {
        UA_LOG_INFO(UA_Log_Stdout, UA_LOGCATEGORY_USERLAND,
            "The connection failed with status code %s\n",
            UA_StatusCode_name(retval));
        UA_Client_delete(client);
        return 0;
    }

    // 変数の現在の値を読み出す
    printf("Press any key to Read Sample Variable\n");
    std::cin.get();
    readSampleVariable(client); // 値を取得する

    // 任意の値を書き込む
    printf("Press any key to Write Sample Variable\n");
    std::cin.get();
    int targetValue = -1;
    writeSampleVariable(client, targetValue);
    readSampleVariable(client); // 書き込んだ結果を出力する

    // 関数にアクセスする
    printf("Press any key to invoke method\n");
    std::cin.get();
    invokeMethod(client);
    readSampleVariable(client); // 結果を出力する


    printf("Press any key to exit ...\n");
    std::cin.get();

    return EXIT_SUCCESS;
}

実行結果

#

事前準備

#
  • 前回記事にて作成したOPC-UAサーバを起動する
  • UaExpertを起動し,OPC-UAサーバに接続する
  • SampleVariableに任意の値を格納しておく
    • 今回は100に書き換えました
      UaExpertによる値の書き換え

作成したクライアントを起動する

#

作成したクライアントを起動し,下図のような画面が表示されることを確認します。
クライアント起動直後

Enterキーを押し,変数の現在値を読み出してみます。
実行の結果,先ほど書き換えた値になっていることを確認します。
クライアント値読み出し直後

再度Enterキーを押し,変数の値を書き換えてみます。
実行の結果,値がコードに記載した値(-1)になっていることを確認します。
クライアント書き込み直後

最後にもう一度Enterキーを押し,サーバ上の関数を実行してみます。
ここで,関数の中身は引数に渡した値(今回は32)を加算する処理を記載していました。
実行の結果,値が正しい値(-1 + 32 = 31)になっていることを確認します。
クライアント関数呼び出し直後

おわりに

#

本記事では紹介しませんでしたが、Open62541では暗号化,PubSub通信が機能として提供されており,サンプルが公式GitHubリポジトリ[2]にて公開されています。
OPC-UAサーバ,クライアント開発にOpen62541を使用してみてはいかかでしょうか。

Information

Open62541はフルC言語(C99)で実装されています。
C言語ではなくC++言語で開発したい方は有志によってC++ラッパー[3]が開発されているので
こちらを使用すると良いかもしれません。


  1. サンプルクライアントのコード ↩︎

  2. open62541サンプルプログラム集 ↩︎

  3. open62541pp ↩︎

豆蔵では共に高め合う仲間を募集しています!

recruit

具体的な採用情報はこちらからご覧いただけます。